インフラメンテナンスへの新しい取組み 橋梁設計・施工・維持(点検)各分野の技術交流 完成報告交流会

建設業におけるICT技術の導入などDXを中心とした業務提携を行っているFOFと旭建設は、旭建設が手掛ける「干支大橋桁端改修工事」の現場にて、完成報告交流会を行いました。

7月14日施工途中に行われた技術交流会では、まだ、施工前だった落橋防止システムや支承の取替の施工状況についての説明をうけました。


橋台沓座拡幅工での施工状況や支承取替にあたってのジャッキアップの様子など旭建設の高い技術力を感じる貴重な交流会となりました。

点検用タラップ

新たに設置された点検用タラップや、既存のものを利活用した検査路も設置されており、橋の長寿命化を支えるメンテナンス業務にも配慮されていました。

これからも技術交流を通して互いの技術力向上に生かせればと思います。

関連記事

  1. 美容室「Barts」店舗工事完了

  2. 経営革新計画「構造物点検における新技術活用による生産性及び品質の革新的…

  3. 3DVRとIOTを活用した住まい情報

  4. 電子錠「マイロック」取扱店へ

  5. 読売新聞掲載「VR避難訓練シュミレーション」

  6. 【小規模事業者持続化補助金 採択決定】自社商品の販路拡大を目的としたP…